カテゴリー具体策

裸の脆弱

混浴の積極的な利益は、裸の脆弱と関連する。 裸で見られたら、恥ずかしくて、精神的な被害を受けることは多い。肉体的な被害とつながる場合もある。例えば、入浴中の地震から逃げ遅れて、下敷きになることもあるだろう。命を助けるために恥ずかしさに我慢するだろうと思われるかもしれないが、人間がその様に考えないと言われる。まず恥ずかしさに対応してから、身を守る。 しかし、裸で見られることで必然的に被害を受ける必要はない。物理的に問題はないのは明白である。見られるために、光が肌から反射する必要があるが、一人で入浴するときにも光が肌から反射する。精神的な被害も必然的ではない。生活環境の文化によって決まっている。...

混浴と日本文化

混浴の導入を裏付ける事実の一つは日本の歴史である。混浴は日本の文化である。それに、混浴を止めたのは、西洋人の批判に屈服したからだ。 幕末期の日本を訪れた西洋人の紀行文を読めば、混浴や公然の裸の習慣を驚いて指摘することは多い。キリスト教の宣教師が猛威的な批判を浴びさせることは多いが、より客観的な来日者が文化の違いを認めて、自分の驚きも認めてから、特に批判できるとは思わないとも述べる。 しかし、明治政府は主に西洋風を導入することに決定した。服装や髪型から帝国主義な方策まで幅広い分野で日本の文化を塗り替えようとした。(ところで、日本の所謂「保守派」がこの時期を理想として掲げることは不思議で堪らない。)...

混浴禁止は人権侵害

今の日本の法令で、混浴の施設は原則として禁じられている。歴史的に混浴であった温泉は、県によってその状況を保つことが許されるが、一旦男女別になったら、混浴に復帰することは許されない。 これは人権侵害であるとここで論じる。人権侵害だから、当然改正すべきだ。 論議の筋を簡単に記すと、下記の通りだ。 所謂トランズジェンダーの人は存在する。つまり、体の性器の形式と人の性別との関係が平凡な関係と違う人である。女性で男根を持つ人や男性で乳房を持つ人は分かりやすい例だが、多種多様だ。トランズジェンダーの人は、温泉や銭湯の入浴をトランズジェンダーであることを理由に禁じることは人権侵害である。特に、入浴は文化の重要な一部を占める日本では、それは顕著である。しかし、混浴を認めなければ、事実上のトランズジェンダー禁止になる。だから、混浴を認めなければならない。...

子供の同意

子供の意思を軽視する傾向があると思うが、実は子供には立場があり、行動に同意する能力もある。保護者の経験を持つ人が顧みれば、それは明白である。子供が成長すればするほど、その意思の尊厳が増す。しかし、子供には賢明に判断できない場合も多い。子供を自分から守るのは保護者と社会の役割の一つである。 では、具体的にどうすれば良いだろう。案として、保護者の行動を四つの範疇に分けたら良いと思う。 まずは、行政が推薦する行動だ。このような行動は、保護者教育の一部として教えるし、行政の施設で支援する。子供が同意しなくても、強制的に参加させることは多い。そして、強制的に参加させることは原則として問題ではない立場を取る。推薦している理由は、子供の将来のためにいい影響を与えるためだから、子供がやらされても長期的な問題になるはずはない。(特別な事情で例外があるはずだが、少数だろう。)...

関与の形

保護者と子供の関係に関与すれば、どのように関与すれば良いのだろうか。 理想は保護者と一緒に努めて、子育てを改善して問題を解決することだろう。保護者と子供の関係を切断せずに、子供に長期的な問題が発生しないように工夫する。そして、保護者と子供を離れさせる必要があれば、できるだけ一時的にして、関係を保ちながら保護者に教育を提供し、子供に養育を与える。保護者には子育ての能力は全く無ければ、子供の養育を行政が担うが、元保護者との関係を保つように工夫した方が良いだろう。最悪の場合、関係を完全に切って、元保護者に対して刑事責任を問うことも考えられるが、そのような態度は極端なケースに限るべきだろう。子供を保護するのは重要だが、保護者との関係も子供にとって重要であるのではないか。...

利益相反

子育てで、保護者と子供は違う人であることは忘れてはならない。そのため、保護者の利益と子供の利益が違う。価値観で論じたが、「子供の利益を最優先すべき」とは一概に言えない。価値観で、子供の利益より優先すべき利益が存在することは少なくないし、そのような価値観(宗教の大半が含まれている)を許すべきだ。それでも、利益相反について考えて、制限すべきだろう。 子供と保護者の利益相反が特に問題になる理由は、利益相反の一般的な問題である。自分の利益が関係するので、どうすべきであるかと考えれば、自分の利益に影響されて、不適切に判断する恐れがある。悪意がある場合も考えられるが、本当に利益を適切に考慮したい場合もある。その場合でも、無意識に自分の利益を優先することは多い。 だから、利益相反が発生する場合、子供の利益を法律で守ることは良かろう。...

価値観

価値観を子供に教えるのは子育ての重要な一部である。明言して教える必要はない。「親の背中を見て子は育つ。」つまり、保護者の価値観や行動を見て、子供が価値観を習うことは多い。価値観を教えずに済むことはないだろう。生きるために価値観は必要だから、子供は環境から吸収する。 多様性を尊重する社会の基本の基本は、価値観の多様性を尊重することだ。だから、国家レベルで許される価値観を指定して、その中から選ばせるわけにはいかない。大人なら、価値観を自由に選ばせるしかない。価値観の一部は、子供にその価値観を継承してもらうことだ。(例外はもちろんあるが、子供に与える価値観に触れない価値観は少ないだろう。)...

精神的な被害

体罰で肉体的な被害を与えることがあるが、それは唯一の被害の種類ではない。精神的な被害もあるし、精神的な被害の方が深刻であるとも言えるだろう。なぜなら、精神的な「打撃」が後遺症を引き起こす傾向は強いからだ。 しかし、精神的な被害の定義は非常に難しいようだ。例えば、自分の意欲を捨てて、他人の希望を叶えるために勤める精神は、尊ぶべき精神だろうか、被害の証拠だろうか。それは、人の理想によって違うので、多様性を尊重する社会で、どちらも認めなければならない。 恐怖症や鬱病を引き起こすことは精神的な被害であるとは言えるだろうが、軽微な恐怖症は精神病ではなく、ただ何かを怖がる現象だし、うつ病が軽微になったら、それはやる気があまりない状態になる。「蜘蛛が苦手」という人は精神的な被害を受けたのだろう。...

体罰

体罰

養育である程度の被害を許すなら、体罰はどうなるのだろう。体罰を禁じる風潮があるが、私も賛同する。しかし、普通の体罰は、大人になっても後遺症を残すほどではない。そう考えれば、禁じるべきではないのではないかと思われる。多様性を尊重すれば、自分は到底容認できない行為も許さなければならない。 一般的に体罰を批判する根拠は二つあるようだ。一つは、大きな被害とつながる恐れがあること。もう一つは、効果はない事実。...

養育

養育

子供を養わなければ、育たない。餓死等の放置は当然禁じたり防いだりすべきであるが、それに至らない養育であれば、どれほど干与すべきだろう。 例えば、幼い頃の栄養不足の悪影響が一生続く。身長も低くなるし、脳の活動も鈍くなる。一方、運動不足や肥満で、若いうちに糖尿病になる恐れもある。それほどではなくても、偏った栄養で体へ悪影響を与えることがある。 別な方向から見れば、子供に麻薬を使わせたら、人生に悪影響を与えるのは明白だから、養育に悪い要素を入れることにも警戒すべきだろう。 一方、肉を食わない人もいるし、宗教上食材を限る人もいる。そのような人に、子供を育てる余裕をなるべく確保したい。だから、食材等を指定してはいけないだろう。同じように、食べる量や体重には人間の間に差があるので、厳しく制限できない。...

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報