カテゴリー神社祭祀

御霊代

供物を奉るために、神様が必要となる。と思われるが、元々そうではない場合があったようだ。例えば、宮中祭祀の新嘗祭では、神座はないと言われる。供物を神宮の方向に向けて遥拝の形で供えるそうだ。それでも、一般の神社の形式には御神体があるので、その方式を前提として考える。 永続の立場から考えれば、避けるべき形の御神体がある。それは、同じ物体が長年続けて御神体として存続することである。神宮の八咫の鏡はこの形であるが、他の神社で真似しない方が良い。 なぜかというと、長期的に考えれば、事件が起きるからである。何かの事故で御神体が損傷を受けたり、破壊されたり、失われたりする。火災とか震災とか盗難などの問題を予想できる。その時点で初めて御神体を新しく作ろうとすれば、伝統に大きな溝が現れるし、必要な技能は近所にはない恐れもある。...

供物

供物

祭主がいれば、次に必要となるのは供物だろう。供物なき祭祀はあり得ない。 一つの方法は、供物を神職の食事と同じものとする方針である。そうすれば、神職が食べている限り、供物が途絶えない。しかし、信仰の立場から考えれば、これはちょっと違うことは明らかであろう。勿論、神職の栄養を確保しないと祭祀が途絶えるが、それはちょっと離れる問題だとしよう。ここで、供物を狭義で捉えて、神職の食事と別な問題として考えたい。 神社以外の文明に頼らないこととすれば、供物を自給自足とするのは基本である。珍しいものとして外からの物を供えることも許しても構わないが、基本の供物を神社の周りで神社人の自力で整える必要がある。...

社家と宮座

神社で祭祀を行う最低限の必要な要素は祭員の存在である。専任ではなくても良いが、祭祀を行う人はいなければ、祭祀が行われない。現在の神社界の実情を見渡せば、これは一番の問題になっているのではないかと思われる。所謂後継者問題である。 では、そのような問題が発生しないように、どのような制度が良いのだろうか。神道の歴史と現状から言葉を借りて、社家と宮座を提案する。 社家はほぼ一般の利用通りである。ある家族が神社の祭祀を代々担うことである。社家の子供が幼い頃から祭祀に携わって、当然に神職になって祭祀を継続させることである。社家を掲げる理由は主に二つある。...

常若と常世

神社祭祀で「常若」という概念が見える。特に、伊勢の神宮の式年遷宮の説明でよく使われる表現である。その場合、意味は神宮の神殿などの建物等を20年毎に建て替えることで、神宮が永遠まで瑞々しく続く現象である。1300年以上の歴史を持つ神宮だが、一番古い建物は戦後に建てられただろう。同じ祭祀や行動を繰り返して、永遠まで続くという理念である。 これは、神社の祭祀で重要であると私は思う。神職や総代が死ぬが、その後継者が祭祀を続ける。社殿が老朽化するが、建て替えて神社を存続させる。変更の中で不変である。それは常若の概念であるし、常世の実現でもある。 確かに、もはや後継者問題が叫ばれて久しいが、ここでその問題を解決できるはずはない。過疎化と関連するし、社会構造の移ろいとも関わる。取り組むべき問題ではあるが、別な機会に託したいと思う。...

祭祀のケ

一人の神職が神社の運営に専念すれば、祭祀が日常の一部になってしまう虞がある。というより、日常になるのは確実である。それは好ましくないように見えるだろうが、避けることはできない。事実を憂うより、対応策を考えた方が良いので、ここでそうする。 まずは、慣れる前に、慣れてからの理想的な形を思い描くのは良いと思う。例えば、日供にどのぐらい時間を割くかを決める。その中で、準備も後片付けも含まれるべきである。これが神社の状況によって異なるので、一概に何も言えないが、例を具体化するために、30分があるとしよう。この中で装束を着けたり、禊祓いをしたり、献饌も祝詞奏上も徹饌も行わなければならない。そして、装束の後片付けもある。...

一人神職とハレ

冒頭で言っておいた方が良かろうが、毎日行うことにハレの雰囲気を与えることはできない。毎日することは必然的に日常である。だから、ハレの雰囲気を求めるべきではない。それで、何を求めても良いだろうか。 特別な祭祀を、神社の年中行事の中で設けることはできるだろう。それを日常的な祭祀と区別したら、ハレな気分を得るのではないかと思われる。例祭はすぐに思い浮かぶ。しかし、毎日祭祀を執り行う神職にとっても、そのように祭祀を特別としたら良いのだろうか。 基本は、実践する人の認識上、日常的な祭祀と区別することである。日常的な祭りと変わらなければ、ハレにはならない。参加する人が如何に多くなっても、本人の動作が毎日と通じたら、ただ毎日のことを行なっていると感じる。...

神職のハレ

参籠が長引くと慣れてしまう問題をその投稿で指摘している。そう考えれば、神職がさらに問題に直面するはずである。神職が神祀りに専念すべきであるとも言われるが、そうすれば慣れてしまうことは避けられない。私も、同じようなことを体験している。私は、大祓詞を暗記して、氏神神社に参拝する前に囁く。(道を歩いているので、堂々と唱えたら周りの人の迷惑になる。)もちろん、その内容に集中すべきである。しかし、最初に集中できたものの、最近ささやきながら頭の中で様々な話題が湧いてくる。なぜなら、慣れてきたからだ。集中しなくても良いので、すぐに別なことを考えてしまう。また祝詞に戻ろうとしても、時間がかかる。 神職はさらにそうであろう。...

参籠のハレ

参籠というのは、神社やお寺で泊まることを意味する。日常から完全に離れて、祭祀等に専念することは目的である。 しかし、大きな問題がある。それは、人間が何でもに慣れることである。非日常な環境でも、人間はすぐに慣れてしまう。特に、毎日同じようなことが起こったら、それは日常になる。つまり、毎日朝一番のご祈祷に参列すれば、すぐにハレではなくなる。 別な側面から見れば、参籠は潔斎の意味も持つ。重要な祭祀の前に一晩籠って、清浄な状態になることはある。そして、一晩であれば、もしかして慣れることはなかろう。だから、まずそのパターンを考えたいと思う。...

更に日常から離れてもらうための儀式として、禊が良いと私は思う。これで、目的は禊自体ではないので、寒中の禊などと意図が明らかに違う。寧ろ、この禊の目的は神事をはっきり日常と隔離させることである。だから、神事に参加しないと意味はない。 禊の基本は水に浸かって穢れを流すことであると言えよう。体を物理的に綺麗にすることも含まれているが、体を洗うだけは非日常ではない。俗界を出る儀式とすべきであろう。 だから、まず素っ裸になる。そして、洗い場に入って、体を洗う。洗い場から、禊場に進む。禊場で、水に浸かって、禊の祝詞を奏上してもらう。そして、お水から上がって、体を拭いて、純白の和装に着替える。...

昇殿参拝

昇殿参拝でハレの気分を醸すのはそれほど難しくないだろう。普段しないことですし、参拝する前に手続きは必要であるので、参拝に集中することは当然である。参拝者は外国人観光客であると尚更だ。日本にいると常にハレであるので、神社に参拝することも当然ハレになる。 それでも、さらにハレの気を醸成するように努めると良かろう。 まずは、原則としてスマホなどを拝殿に持ち込ませないようにすると良い。これで、実践的な効果もある。スマホをマナーモードに設定するのは常識だろうが、忘れる場合があるのは避けられない。神事の途中で携帯が鳴ると不適切であるのは言うまでもないが、気を奪うことも多いのだ。だから、社務所で保管させてもらうのは良い。そして、スマホなどを渡すことで、日常ではない環境に入っている気持ちにもなるだろう。もちろん、安全な保管場所がある神社に限るが。...

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報